ICTが導入される理由やメリット

ICTは情報通信技術の略称であり、一般的にはコンピューター技術を活用することを意味している。
当初はデスクワークにおけるデータ管理の効率化が目的だったが、あらゆる仕事にコンピューターが取り入れられている現代社会ではICTと無関係の仕事は非常に稀と言っても過言ではない。
介護の仕事も例外ではなく、かつては個人の経験や勘に頼ることが多かった分野をICTの導入によって効率化し、初心者でもベテランと同程度の仕事を行うことが可能になっている。
また、多くの介護現場では慢性的な人手不足が続いており、情報の共有や伝達が困難になっていることもICTが受け入れられる理由と言えるだろう。
医療現場など他職種との連携もICT用いてこそ可能である。
ICTの導入における大きなメリットとして仕事の負担の軽減がある。
人手不足に陥っている現場では一人が数人分の仕事を行うことも珍しくない。
非常に大きな負担であり、離職率の増加にも繋がっている。
過酷な仕事のために人員が不足し、さらに過酷な状況に至る負の連鎖が生じているのが介護現場の実状と言えるだろう。
この状況を打破する効果が期待されているのがICTである。
業務を効率化することによって一人当たりの仕事量を軽減させることができる。
休息を取ったり、新人を育成する時間を確保できるので介護現場の多忙な状況を改善するのに最適と言えるだろう。
その一方で、ICTの導入は初期投資が嵩む他、即座に効果が出るわけではないのでその点は注意しなければいけない。

More Posts

  • 2021年7月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • カテゴリー
  • HOT TOPICS
  • タグ