介護現場で進んでいるICTの導入

昨今、介護現場で見られる変化の一つに、ICTの導入があるだろう。
ICTの導入は、介護現場の深刻な人手不足の解消に役立つ。
なぜなら、介護現場の仕事を効率化することが可能だからだ。
スタッフの手間や時間を減らせるので、ゆとりを持って働ける。
ICTを導入するメリットは、データ化した情報を共有できるところだ。
紙の媒体よりも整理しやすいので、データを有意義に活用しやすい。
情報のクラウドサービスを利用すれば、火事や水害などの被害を受けにくくなり、物理的な破損を受けなくて済むところも大きな特徴だ。
介護施設と医療機関が情報を互いに共有することによって、介護サービスの構築や病気の予防などに利用できる。
また、スタッフが利用しやすいように、操作しやすいアプリをタブレットやパソコンに入れることが大切だ。
端末機器に対する苦手意識を克服することが、ICTの普及につながる。
また、介護ロボットを導入する介護施設も増えている。
高齢者を介助する時に、腰や腕を痛めるスタッフは多く、介護ロボットが介助を行うことによって、スタッフの肉体的な負担を軽減できる。
尚、介護ロボットの種類は豊富なので、目的に応じて導入することが大切だ。
介助用の介護ロボットのほかに、見守りセンサーの機能がついたロボットも普及している。
認知症患者の徘徊を察知したり、室内の事故を防いだりすることができる他、動物や人形の姿をしたロボットは、高齢者を癒やす役割を果たしている。

More Posts

  • 2021年7月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • カテゴリー
  • HOT TOPICS
  • タグ