ICTを導入することで起きる変化

介護業界ではICTの導入を検討しているところもある。
介護業界でICTの導入を行っていないところがあるのは、ICTの導入によって具体的にどのような変化が起きるかが分からないという怖さが要因の1つだと考えられる。
介護業界でICTの導入が進めば、業務の効率化というメリットが得られる可能性が高いといえる。
ICTの導入を行っていない介護施設では事務作業を手作業で行っているケースが多いからだ。
例えば記録業務は仕事量が少なければ手作業でも問題ないかもしれないが、利用者が多い施設では仕事量が増える可能性が高い。
そのため手作業では時間がかかってしまい、全ての利用者の情報を記録するのに膨大な時間が必要となる。
それをICTの導入することで、タブレットのような電子機器を使うことで記録業務がスムーズになり、手作業よりも短い時間で記録業務を終えることができるのだ。
早く記録業務が終われば、空いた時間を利用者のサポートに当てられる。
ICTの導入を行っておけば、介護職員同士の情報交換がスムーズになるというメリットもあるのだ。
人員配置が行われたときに利用者の情報の引き継ぎもスムーズになるという利点もある。
ICT機器を導入すれば利用者のデータを使って科学的な分析を行うことができる。
科学的な分析を行えるようになれば、利用者に適したサポート方法が見つけやすくなるというメリットもある。
さらに、医師や看護師との情報交換もスムーズになるので、利用者の体調の変化に応じた処置も行いやすくなるだろう。

More Posts

  • 2021年7月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • カテゴリー
  • HOT TOPICS
  • タグ