介護施設をICT化する際の注意

介護施設をICT化することにより、業務効率向上と、新規人材を雇用した際の教育コスト軽減化が実現することをご存知だろうか。
スマートフォンやタブレットなどの電子デバイスを活用した事務作業の効率化で、介護職の作業負荷とストレスの軽減が可能になるのだ。
長時間労働が常態化している介護施設では、作業負荷が高いことによる離職が多いのも実情だ。
ICT化を進めることにより、介護職の方の定着率を高めることができるのだ。
介護施設のICT化を行なう際には、導入に際して懸念される課題を解決しておく必要がある。
IT機器の操作に慣れていないスタッフが多い施設では、使い勝手の良いシステムでないと、作業効率が落ちてしまう可能性もある。
システムの操作に戸惑いを感じてしまい、要介護者へのサービス品質が落ちてしまっては意味がない。
ICT化を進める場合には、導入研修やサポートが充実している機関を選ぶことが大切だ。
システムの規模によっては、導入費用が嵩む場合もある。
余剰資金が少ない施設では、ICT化を行なうための費用が捻出できないこともあるだろう。
その場合、自治体によっては、ICT化を推進するために掛かる費用の一部補助を行っている所もある。
介護施設がある地域で、導入費用の補助をどの程度まで行ってくれるかを事前に調べておくことが大切だ。
端末などのハードウエアを導入する際には、購入するか、レンタルで代用するかの検討も必要になる。
こちらのICTでより良い介護の現場へを参考に、無理のない範囲でICT化を進めることを目指すと良いだろう。

More Posts

  • 2021年10月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • カテゴリー
  • HOT TOPICS
  • タグ